自己否定感と自己肯定感を両方とも適度に持つ

心の病を持つあなたはどちらかというと自己否定感の方を強く持っていると思う。

確かに過度な自己否定感は問題があるのだけど、かといって過度な自己肯定感も同じくらい問題があると思う。

大事なのは極端な考え方を持つことではなく「できるだけバランスを取ろう」という気持ちだ。つまり、自己否定感も自己肯定感も両方とも適度に持つのが正解だと思う。

自己否定感はどんな場合でもやめた方がいいと考えてしまうかもしれないけど、例えば「私はダメな人間だからこんなところでぐずぐずしていないで努力しなければ」という風に、自己否定感をバネにして努力できたりするので、自己否定感そのものを全て否定すべきでも無いと思う。

自己否定感と自己肯定感を両方ともバランスよく持った考えというのは具体的に言えば「私は私なりにそこそこ頑張れているな」くらいの気持ちがちょうど良いのだと思う。