完璧な準備ができる日は永遠に来ない

例えばあなたが新しく何かを始めようとしていたり、何かにチャレンジをしようとしていた場合、もしかしてこう考えるかもしれない。

「完璧な準備ができたら始めよう」「完璧な準備ができたら挑戦しよう」

でも、現実には完璧な準備ができる日は永遠に来ない。なぜなら、準備というものは完璧にしようとするとキリがないものだからだ。その結果、永遠に準備に時間を使うことになり、あなたは人生の最後に「結局何も挑戦することなく人生を終えることになるなあ」と後悔する事になるのだ。

だから、何かを始めようとしたり、何かにチャレンジしようと考えているなら、今すぐ始めて欲しい。今すぐチャレンジして欲しい。

「いや、いくらなんでも今すぐは無理」というなら最低限の準備ができた時点で始めて欲しい。

ただし「最低限の準備をしよう」と考えると同時に「準備をする、という行為は、時間を使おうと思えばいくらでも時間を使えてしまう」ということを常に意識してほしい。つまり「最低限の準備をしよう」と考えても、結局人生の最後にまで準備に時間を使ってしまって、結局何にも挑戦しなかったという事になる可能性は十分にあるので気をつけて欲しい。

そもそも新しく何かを始めたり、新しく何かに挑戦するということは、最初から完璧にはできない……つまり、失敗することが当たり前だという前提で始めて欲しい。

どうせ、準備してもしなくても失敗するなら、準備に時間をかけるよりも、今すぐ挑戦して失敗して改善して、また挑戦して失敗して改善して、また挑戦して失敗して改善して、そしてどんどん上手くなっていく、というサイクルを回した方が結果的に上達が早くなるだろう。