自分で自分に指示を出そう

「私って指示さえ与えられたら、指示を素直に聞くことができるし、指示通りにちゃんと動けるし、指示通りに目的の達成のために努力できるな」というそこのあなたへ。

「指示通りに動ける能力」があるなら、それを利用して自分で自分に指示を出そう。

日本人は目的を設定するのは下手だけど、目的を達成するための手足として働くのは上手いという話がある。

つまり「指示通りに動ける能力」を持つあなたは「目的を達成するための手足として働くのが上手い」という典型的な日本人の能力は持っているのだ。

あとは「指示を与える能力」、つまり「目的を設定する能力」さえ鍛えれば、あなたの人生の主人はあなた自身になる。人生はあなたの思うままだ。

あなた自身に指示する内容は「やってみたいと思っていたことにチャレンジしてみろ」でもいいし「人生を良い方向に進めるためのアイデアを考えろ」でもいいし「幸せになるための努力をしろ」でもいい。

私の人生の最終目的は死ぬ時に「あー面白かった」と思える人生を送ることであり、これを達成するための小さな目的をいくつか設定しているけれど、あなたの最終目的はこれとは違っていて構わない。あなた独自のあなたが納得できる最終目的を考えてみて、それを達成するための小さな目的をいくつか設定し、それら小さな目的を一つ一つ達成するよう自分自身に指示を出そう。