自分の未来について考えよう

あなたは「自分の過去」について考えている時間と「自分の未来」について考えている時間のどちらが多いですか?

もし「自分の過去」について考えている時間の方が多いなら、「自分の未来」について考える時間を増やすように意識的に努力してみてください。

「自分の未来」について考える時間が増えると、「自分の未来をより良いものにするための行動」を実行できるようになります。

もしあなたが「自分の未来」について考えている時間が多いにもかかわらず、「自分の未来をより良いものにするための行動」を行えていないとするなら、あなたは「純粋に未来を見ている」のではなくて「過去の延長線上として未来を見て」しまっています。

未来とは、これからあなたが未来の自分のためにどのような行動を行うかで決まるものであり、過去の延長線上で決まるものではありません。

例えあなたにどんなに辛い過去、苦しい過去、不幸な過去があったとしても、これから先のあなたの未来とは何も関係がない話です。

あなたの過去は変えられませんが、あなたの未来はこれからのあなたの行動次第でいくらでも変えることができます。

自分の未来をより良いものにするために、今の自分に何ができるかを考えてみてください。