人生は公平ではない。それに慣れよ。

「人生は公平ではない。それに慣れよ」はビル・ゲイツさんがハイスクールでスピーチした中の言葉です。

「人生は公平ではない」は全くその通りで、私はもっと頭が良ければよかったし、もっと格好良ければよかったし、もっとお金持ちであればよかったし、もっと運動神経があればよかったし、もっとプラス思考であればよかったし、もっと友人に恵まれればよかったし、もっとパートナーに恵まれればよかったし、もっといい職場に恵まれればよかったし、もっと給料が高ければよかったし、もっと……。

世の中にはこれら全てを手に入れている人もいるのに、私は何一つ手に入れていない。

「それに慣れよ」というのは、人生が公平ではないことに文句を言ってもしょうがないので、公平ではないことを受け入れて、その上で人生をどうにか頑張れということを言いたいのだと思います。

まあ、私は私の人生を私なりに頑張ってるのに、一向に改善の気配が見えないけれど。