私は能力が低い

みんな、能力の問題だと誤解してる。

例えば、アイドルになる能力がある人がアイドルになり、漫画家になる能力がある人が漫画家になり、政治家になる能力がある人が政治家になり、起業家になる能力がある人が起業家になると思ってる。

でも、冷静に考えてみてほしい。

例えば世の中には、それほど可愛くないのにアイドルとしてそこそこ成功している人がいる。

例えば世の中には、それほど絵が上手くないのに漫画家としてそこそこ成功している人がいる。

例えば世の中には、たくさんの政治家がいる。もちろんあなたより優秀な政治家もたくさんいるだろうが、冷静に政治家を思い出してみると、会議中に寝てばっかりの人もいるし、変な言動ばかりしている人もいる。ということは、あなたよりも能力が低いのに政治家になっている人もいるだろう。

例えば世の中には、たくさんの起業家がいる。もちろんあなたより優秀な起業家もたくさんいるだろうが、冷静に起業家について考えてみると、例えばものすごい大企業を作った人だけが起業家なのではなくて、ケーキ屋さんを開いた人も起業家だし、八百屋さんを開いた人も起業家だ。あなたと同じくらいの能力の人もきっといるし、運だけで起業を成功させた人もいることを考えると、あなたより能力が低いのに起業家としてそこそこ成功している人もいるだろう。

では、なぜ彼らは能力や才能に恵まれていないのに成功できたのか?

大切なのは「能力」ではなくて「目的」だ。

あまり可愛くないのにアイドルとしてそこそこ成功しているアイドルは、アイドルとしての能力があるからアイドルになれたのではなくて、アイドルになることを目的にしたからアイドルになれたのだ。

あまり絵が上手くないのに漫画家としてそこそこ成功している漫画家は、漫画家としての能力があるから漫画家になれたのではなくて、漫画家になることを目的にしたから漫画家になれたのだ。

あなたが政治家ではないのは、あなたが政治家になることを目的にしたことがないからで、あなたより能力が低いのに政治家になれた人は、政治家になることを目的にしたことがあるから政治家になれたのだ。

あなたが起業家ではないのは、あなたが起業家になることを目的にしたことがないからで、あなたより能力が低いのに起業家になれた人は、起業家になることを目的にしたことがあるから起業家になれたのだ。

つまり、能力が低いことはクリティカルな問題ではないのだ。それよりも大事なのは目的を持つことだ。