幸せになる方法

「自分の人生を自分でコントロールする」もしくは少なくとも「自分の人生を自分でコントロールしようと努力する」と、あなたは幸せになれます。

コントロールした結果が、成功するか失敗するかは関係ないです。コントロールしようとすることそのものに人間は幸せを感じます。

コントロールする方法ですが、具体的には自分の人生を進めたい方向、目的を一つだけ決めてください。

それは「もっといい会社に転職すること」だったり「貯金を貯めること」だったり「結婚すること」かもしれません。

目的を一つ決めたら、その目的を人生の最優先事項とし、それ以外の全ての優先度を下げてください。

そうすることで、あなたの人生は少しずつその目的に向かって近づいていき、最終的に達成できます。

目的が無事に達成できたら、また次の目的を設定し、同じようにその目的を人生の最優先事項として、それ以外の全ての優先度を下げます。

そうすることで、あなたの人生は少しずつその目的に向かって近づいていき、最終的に達成できます。

目的が無事に達成できたら、また次の目的を設定します。

というのを繰り返していけば、コントロールすることに幸せを感じながら、あなたの人生もどんどん楽しいものに変わっていきます。

この時に設定する目的ですが「他人に言われて設定した目的」ではなくて「自分が心から達成したい目的」を設定するようにしてください。

例えば「妻に言われたので、もっと給料の良い会社へ転職することを目指す」とか「親に言われたので結婚を目指す」というのはやめてください。

他人に言われた目的を設定している時点で「自分の人生を自分でコントロールする」ができていません。幸せにはなれません。

「自分が心から達成したい目的」を設定するコツですが、「欲望」か「恐怖」に基づいて目的を設定すると良いです。

「欲望」に関しては、他人にどう思われるかを考えずに、自分が本当に心からやりたいことを目的に設定する、ということです。例えば、あなたが現在大きな会社の部長であったとしても、もし本当は焼き芋屋さんになってみたいと考えているとするなら、あなたの設定するべき目的は「焼き芋屋になること」です。

「恐怖」に関しては、「この目的を達成しないと、多分自分は不幸なまま人生を終える」というような恐怖に基づいて目的を設定する、ということです。例えば、「結婚できないと自分は孤独になるかもしれない」と考えるなら、あなたの設定するべき目的は「結婚すること」です。

「欲望」か「恐怖」に基づいて自分の人生を進める方向を決める、目的を決めると、その達成のために腹の底から頑張れて、目的を達成できる可能性が高まります。

綺麗事抜きにして言えば、目的を設定しても、常に達成できるとは限りません。時にはなかなかうまく行かなかったり、もしくは失敗することもあるでしょう。

ただし、その時でさえもあなたは自分の人生に幸福感を感じているはずです。自分の人生が楽しいと感じているはずです。なぜなら、コントロールしようと努力することそのものが、人に喜びを与えるからです。信じていただけないかもしれませんが。

なので、もし幸せになりたいなら、ぜひ自分の人生を自分でコントロールしようと努力してみてください。