心的外傷後ストレス障害(PTSD)と心的外傷後の成長(PTG)

ショッキングな出来事がきっかけで、常に不安や憂鬱がつきまとう症状になってしまうことを心的外傷後ストレス障害(PTSD)という。

これとは別に、ショッキングな出来事がきっかけで最高の資質を開花させ、より幸せな生活を送れるようになる人もいる。これを心的外傷後の成長(PTG)という。

PTGを経験した人が口にする代表的な五つの言葉は以下の通り。

  1. 優先順位が変わった。幸福になるために行動することを恐れなくなった。
  2. 友人や家族を身近に感じるようになった。
  3. 自分をもっと理解できるようになった。自分が何者なのかわかった。
  4. 人生に新しい意義と目的を見出した。
  5. 目標と夢に集中できるようになった。

PTSDを経験する人の多くがPTGも経験する。ある研究では、PTSDが最終的にはPTGにつながることが示されている。

(書籍『スーパーベターになろう!──ゲームの科学で作る「強く勇敢な自分」 (早川書房)』より抜粋)