人生が詰んだ

人生は詰んでいないです。なぜならあなたはまだ死んでいないもの。

だけど、もしあなたが「人生が詰んだ」と思っているとするなら、「自分が不幸になることが確定した」とか「人生の選択肢がもう『死ぬ』しかない」と考えているという状況であることは理解できます。

まず、死なないでください。自分が死ぬと悲しむ人がいる、というのは十分生きる理由になります。

「人生が詰んだ」と感じる、という状況にはさまざまな状況がありますが、まずはそもそも助かる方法があるのに、自分の知識不足でその方法を知らないだけかもしれない、ということを疑ってください。自分が助かる方法が本当に無いのか、ネットや書籍による調査、または行政や専門家への相談などで確認してみてください。

さて、調べれば助かる方法が存在する「人生が詰んだ」以外の、別の種類の「人生が詰んだ」になっている人もいるでしょう。

ここからどうすればいいかですが「ダメ元で、自分の人生を自分でめちゃくちゃに振り回してみるか」という気持ちが大事です。といっても、本当にめちゃくちゃに振り回してはダメです。成功すれば、自分の人生が良い方向へ進みそうな方に向かって、自分の人生を振り回してください。

ダメもとでいいです。どうせ人生なんて全部ダメ元です。もちろん、ダメ元で振り回して、当然ダメだったということも起こるでしょう。当然ダメだった場合は、また別の人生が良い方向へ進みそうな方に向けて自分の人生を振り回してください。それもダメだったら、また別の人生が良い方向に進みそうな方に向けて自分の人生を振り回してください。

成功するまで何度でも自分の人生をブンブンブンブン振り回してください。

死なない限り、あなたの人生は詰んでいないし、諦めない限り、あなたの人生は詰んでいないです。