自分はそんなキャラじゃない

何か新しいことに挑戦しようとしたり、面白そうなことを始めようとしたときに、時々「でも私、そんなキャラじゃないんだよな」ということが問題になったりします。例えばどちらかというとアウトドア派だけど「裁縫」に興味を持ち始めた、とか、逆にインドア派だけどサーフィンに興味を持った、とか。

自分のキャラにないことを始めようと思うと心理的に抵抗がありますよね。「自分の知り合いになんやかんや言われたくないしなー」とかね。わかります。

そこで、あなたの性格の定義を変えましょう。今のあなたの性格は「優しい」とか「アクティブ」とかだったりすると思いますが、今後のあなたの性格は「私も自分の性格よくわかってないんだよねー」という性格になりましょう。

「私も自分の性格よくわかってないんだよねー」という性格になったからと言って、今すぐあなたの性格や行動を何か変えないといけないわけではないです。基本的には今までの生き方と同じ生き方で良いです。なぜなら「私も自分の性格よくわかってないんだよねー」という性格は、あなたの現在の性格を内包しているからです。

さて目の前に、今までの自分のキャラだったら絶対に手を出さなかった、楽しそうなことや面白そうなことがあります。手を出しましょう。挑戦してみましょう。なぜならあなたは「私も自分の性格よくわかってないんだよねー」という性格だからです。

今までのあなたのキャラに合っていないことを始めると、周りの人に驚かれるかもしれません。こう説明しましょう。「私も自分の性格よくわかってないんだよねー」。こう説明するだけで、なぜか皆納得してくれます。なぜ納得してくれるのかは謎です。

さて、あなたの性格が「私も自分の性格よくわかってないんだよねー」になったお陰で、あなたは自分のキャラという型にハマらずに、楽しそうなことや面白そうなことに好きなだけ手を出すことができます。よかったね。